「彩人 Winter Dinner Party 2015」ありがとうございましたっ!

昨日無事「彩人 Winter Dinner Party」を終えることができました。準備から当日までの連日夜遅くまで指導くださったM氏、私たちの無茶振りにこうも毎年付き合ってくれるスタッフたち、そして何よりもご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

今年のおしゃれテーマ「おもちゃ箱」に対して、お客様のバラエティーに富んだおしゃれにびっくりしました。パーティーの内容の1つとしてベストドレッサー賞を選ぶのですが、ドアオープンのときからアピールのすごいことすごいこと。きゃりーぱみゅぱみゅがいたり、スーパーマリオブラザーズがいたり、はたまた全長2メートルはあると思われる虎のぬいぐるみを持参したり。お客様からの熱気がむんむん伝わってきて圧倒されそうでした。

毎年思うのですが、皆様に喜んでもらおうとパーティーを企画し準備するのですが、私たちがお客様に幸せにしていただいている気がします。昨日も大きな思い出が増えて、感謝しています。

これからもどうぞよろしくお願いいたしますっ!

(来年のパーティーは2016年12月11日(日)です。よろしくお願いいたしますっ。 早めの日程ですが準備間に合うのかな。。。)1227SHA3(補正)

Advertisements

2015 Winter Dinner Party! 

最高のお料理、ダンスタイム、ベストドレッサー賞、

そして、演出家のプロデュースのもと、

今年も最高の夜をプレゼントします!

日時: 2015年12月27日(日)

17:00ドアオープン

場所: 梅田スカイビル ステラホール

今年のおしゃれテーマは、

「おもちゃ箱」

です。くまのぬいぐるみを連れてくる…!?、お人形のようなファッションで登場する…!?、楽器を持参する…!?。

あなたの表現を楽しみにしていますっ!

告知はがき

 

ギャラクシーマスターズ

昨日、日本武道館にてギャラクシーマスターズに出場しました。おかげさまで、ファイナル入り!最後のラウンドまで、思いっきり踊ることができました。ありがとうございました。

更なる上位を目指して精進しますっ(^O^)/



全日本オープン

昨日は、後楽園ホールで新しい全日本クラスの競技会「全日本オープンダンス選手権」に出場しました。応援してくださった皆様ありがとうございました。結果は準決勝、次点でした。決勝まであと一歩、力及ばず。。。

この悔しさをバネに次の競技会に向けて精進しますっ(*`へ´*)

秋の選手会パーティー

先日は秋の選手会パーティーにご来場してくださった皆様、本当にありがとうございました。

お陰様でお客様の数は1000名を越え、会場は熱気に包まれていました。アマチュアデモンストレーションで、フロアに華を咲かせてくださった皆様、ありがとうございました。この広い空間に皆様の思いが広がり、笑顔に包まれた時間と空間でした。プロアマ競技会も2回目となり、アマチュアの方とプロの選手でしっかりと手と心が繋がりヒートアップしていました。そこには筋書きのないドラマがありました。プロフォーメーション選手権では、1位と2位のチームの点数が僅差で、これも白熱した戦いとなりました。さらには、巡り会いダンスタイム、規定フィガーを含めたプロの競演もあり、どのシーンもそれぞれがビッグイベントで、よく時間通りに閉会できたと思います。

これからも選手一丸となって、エネルギー溢れる選手会、夢を与え続ける選手会にしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。





「涙を伴う感動を」

皆さんはダンスを観て涙したことはありますでしょうか。デモンストレーションを観て?競技会を観て?
私は夜遅くのスポーツニュースやスポーツ中継を観るのが楽しみです。勝ち負けも楽しいのですが、どちらかというと、自分には到底できないプレーを、さらには想像を超えるプレーを観たくて。超人的なプレーを観たときには、大興奮ですね。そこにその選手の情報を前以て知ってたりすると尚更です。怪我を克服して奇跡のカムバックをしたとか、この競技でこの選手は引退するんだとか。
オリンピックの選手で、4年越しどころか、今までオリンピックに出場することすら叶わず、やっとの思いで出場し金メダルを獲得したとき。表彰式で選手が号泣しているのを観て、私もテレビの前で号泣してました。素晴らしいプレーとともに何かその選手を取り巻く背景を感じたとき、さらなる感動を覚えます。
とあるパーティーで老夫婦のダンスを観ました。パソドブレとジャイブのメドレーだったと思います。技術はさておいて、なぜか彼らを観ていると涙が溢れてきました。踊り終わったときには思わず立ち上がって拍手をしていました。何が私の心を揺さぶったのか。彼らが一生懸命だったからなのか。
腕を骨折をしてギブスをした女性が先生とデモを披露していたこともありました。
骨折したものだから、練習してきた振り付けは
さすがに無理で、ベーシックだけで1曲を踊りきっていました。このときにも思わず立ち上がって拍手をしてしまいました。
もう一例。結婚式の披露宴。友人の結婚式に何度か出席しましたが、何度でも涙してしまう。結婚というだけで、そこに至る人生を想像してしまうし、それが自分が関わってきた友人のものならば尚更ですね。
では、背景がなければ人に感動を与えること
はできないのか。いや、否だと思います。素晴らしい俳優/女優、素晴らしい映画、素晴らしい舞台。殺人を犯したことは一度もないのに殺人鬼になれる。恋人同士でもないのに、愛しているように見せる。素晴らしい俳優は、感動する背景を自分で作り出すことができる。架空の出来事なのに素晴らしい映画を観たときには涙してしまう。
私たちプロのダンサーは、人に感動を与える
ことが使命だと思います。デモンストレーションであろうが、競技会であろうが、観にきて下さったお客様を感動させたい、自分たちのダンスに拍手をしてほしい、自分たちのダンスで会場を沸かせたい。
ただそれだけのことだと思います。

We are in NY!

たただいま私たちはNew Yorkにいます。仲秋Jr.が日本でのコンクールを勝ち上がったballetのコンクールのNY本戦、そして私たちのダンス留学を兼ねてです。彼は一足先にNY入りして、コンクールに向けて調整をしています。本日はコンテンポラリーの部。ふぁいと!

We are in New York. Our son, Rentaro, will dance at ballet competition in NY. He got a ticket at pre-competition in Japan. And we also study Ballroom dance in NY.

He will dance contemporary today. Good luck!