Dance With Me!

Dance With Meにご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。

今回の公演のためにご尽力くださいました皆様、本当にありがとうございました。
一緒に舞台に立ったダンサーのみなさん、ありがとうっ!
今回の公演について、考えることがたくさんありました。
みなさんもご存知の通り、「団体の垣根を越えて」ダンサーが集結する。
海外のコンペではよく見かける顔であっても、ともに舞台を作り上げていくとなるとまた違う。
一つのものを力を合わせて作り上げていく過程で、その結びつきはより強固になります。
このDWMを通じて、選手間のつながりは今まで以上に強くなったのではないでしょうか。
舞台という性質上、すべてのダンサーが集結するわけにはいきませんでしたが、この舞台が何かのキッカケにはきっとなったはずです。
この舞台を成功まで導くエネルギーに感心しました。
CCJ代表峰氏、大阪公演実行委員長浅村氏、そして総合監督金光氏。
私たちはダンサーとして舞台に立たせてもらっているだけなのですが、舞台を創り上げるためには、裏方として相当のエネルギーを費やしているはずです。私たちと同じ選手なのだから、自分たちの練習もある、仕事もある。でも、この舞台を成功させたい、さらにその先を見据えた想いがある、だからこそこの舞台に対して身を削ってでもエネルギーを注ぎ込む。
最初の顔合わせから、日々のリハーサル、前日リハーサル、そして舞台当日。
ずっと横で見させていただいていましたが、いつもその「想い」が溢れ、ダンサーたちを圧倒していました。
舞台であるということ。
舞台には主役があり、脇役がある。バレエの舞台でもそうですが、ピラミッドになっており、必ずしも全員が同じ幸せを得られるわけでない。しかし、もっと努力して今度はもっといい役を得たいという気持ちをもつ。今回のDWMには参加できなかったが、次こそはオファーをもらえるようにがんばる。
コンペで頂上まで駆け上がりたいという想いと同じだと思います。
どちらにしても、選手が切磋琢磨して己を磨いていく素晴らしい機会であると思います。このような舞台が今後続いていくことを願います。
ダンサーとして。
本当にたくさんのことを勉強させていただきました。
ライバルたちのダンスをさらに身近で触れることができ、さまざまな分野のプロフェッショナルの方々の仕事を見させてもらいました。DWMというこの大きなエネルギーを浴びるほど感じました。
ありがとうございました。
ダンサーたちが想いを込めて舞台を作り上げたことは、きっとご来場くださった皆様に届いたはずです。
この混沌としたダンス界、この舞台が明るい未来へ繋がるキッカケになればと強く思います。
IMG_5437
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s